クレジットカードは何を重視して選べば良いの?

お得さを求めるならポイントの還元率を重視しよう



クレジットカードは現金代わりに様々な支払いができるため、多くの人が使用していますが、多くの種類のものが存在しています。他人がどのような点を重視して選んでいるか気になるものですよね。 選ぶポイントとして、特に多くの人が重視しているのが、ポイントです。ポイントは、クレジットカードを使用することで溜まるもので、ポイントが貯まれば商品券や商品と交換できる、サービスが受けられるといった現金と同様に使うことができることができます。そのため、ポイント還元率が高いカードを選ぶ人が多いようです。お金を支払う時、現金と同じように使えるポイントがつけばとても経済的です。ポイントの還元率は一般的に1.0%が多いのですが、中には1.5%や2.0%という高還元率のカードもあるので、支払い金額が同じでもポイントが付けばお得感が出るため、人気を集めているようです。経済性を重視したい方には、ポイント還元率で選ぶとよいでしょう。


割引や特典があるカードも人気

ポイント還元率の次に、重視されるのは、特典や割引が付くといったクレジットカードです。例えば、スーパーなどで食料品や日用品を購入する際、クレジットカード払いやクレジットカードを提示することで、割引が受けられるといった特典がつくものがあります。特典や割引は、ポイント還元と同じように、経済的な利益が得られるため人気があります。食料品や日用品は日々の生活で必要不可欠ですが、現金で購入するより、割引や特典が受けられるならクレジットカードを使おうという気になりますよね。 カードによっては、カード会員限定の特売やイベントが行われたり、映画が安く見られる、提携している飲食店などで割引サービスが受けられるといった嬉しいサービスがあります。 クレジットカードは手持ちの現金が無くても購入できる上に、割引やポイント還元など、メリットがたくさんです。クレジットカードを選ぶ際は経済的な面を重視して選ぶのもよいのではないでしょうか。